水曜どうでしょうとCUEにドップリ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜どうでしょう 2010年 最新作

【追記】
 ※これは2010/02/26のエントリーです。新しい情報はコチラ




HTBポッドキャスト『遥かなる四十路への道』第50回のゲストとして、藤やんが近々にやりたいことを語ってくれましたね。

・今やっているのはアーティスト応援企画
・自分がいいと思ったものを見つけて、その人のことを紹介して、自活できるようにしてあげたい。

・2010年はドラマも作りたい。
・1分に1回ぐらい笑えるやつを作りたい。

・(水曜どうでしょうとは)違う方に興味が行っちゃってる。
・(最新作をやろうと思うボタンは)うっかり押せちゃう。いつでもできる。
・だからこそ、違う方(ドラマやアーティスト応援企画)に(興味が)行っちゃってる。


藤やんは『テレビ局の力』を通じて何かを成し遂げたいと言っていました。それは直近では ”文化を育てる” アーティスト応援企画でありドラマ制作であって、「いつでもできる」水曜どうでしょうではない、と。

ところが今年4月からの人事異動(制作部→コンテンツ事業室)では、その “何かを成し遂げる” ことが難しくなってしまうようです。



本日の日記(2010/2/25)

基本的にこれまでと業務は変わらない、とのことではありますが、より放送外収入(DVDの制作など)に特化した部署である、と聞いております。


“事実としてのポイント” @掲示板(2010/2/26)

・私と嬉野は番組を制作する部署ではなくなった。
・どうでしょうとドラマのプロデューサーがいなくなった。
・そして、HTBに独立した制作部がなくなった。


ドラマの制作ができなくなった。水曜どうでしょう最新作は「いつでもできる」わけではなくなった。HTBから自主独立の気概が消えた。HTBの偉い人が、ドラマやどうでしょうを制作するための環境を無くしてしまった。そういうことなんでしょうか。

どうなるのかはっきりわからなくて、なんだか心配です。


でも、藤やんとうれしーが、いずれ新しい部署にある『テレビ局の力』で “何かを成し遂げる” ことを応援したいと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。