水曜どうでしょうとCUEにドップリ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいぞ藤やん!
藤やんのドラマに掛ける意気込みを知り、ここに前言を撤回させていただきます。


いいぞ藤やん!



新作なんか後回しだ!

そーゆーことができる現場にいる人間が、そーゆーことをやろうとしていることが嬉しいです! ありがとう! 激しく応援します!!

(※詳細は以下参照。)
本日の日記(2009/09/07)

昨年に引き続きプロデューサーをつとめます嬉野先生の最近の口癖は、

「いやもうほんっとぉーにお金ないですから」

何はさておきまずおカネ。あの嬉野先生が何より先に予算の話を持ち出すこのご時勢。テレビ業界の不況も本物であります。

しかしながらHTBさんは、ローカル局の分際で今年も金のかかるドラマ作りに挑戦いたします。

嬉野、福屋両プロデューサーの気苦労はさておき、こういう時にこそ手間とお金のかかるドラマを作らないといけないと思うんです。それも台所事情が厳しいローカル局こその、気概を持って。

私は思うんです。我々はいつしか「合理的である」とか「機能的である」とか「便利だ」とか「わかりやすい」とか「無駄がない」ということを、物事を判断する上での最上の条件としてきました。

それが「美しいか」とか、「文化的であるか」、という判断が最上であることはまずない。

美的感覚はファッション的な意味では非常に重視されるでしょうが、それが「文化的かどうか」なんてことはまず考えられない。

でも私は物事を判断するときに、「それが人間にとって、社会にとって、文化的かどうか」ということを基準に考えると、案外いろんなことがまともになるという気がする。

合理性を追求したおかげで人が単なる労働力として扱われた。機能的であることを追及したおかげで建築物は単調な箱になった。わかりやすさを追求したおかげでテレビは視聴率にたよることになった。

これらを、少しでもいいから「文化的かどうか」という判断で考えていったら社会はもうちょっと良くなるんじゃないか。

お金が厳しいんだからドラマなんか作ってる余裕はない。そう判断するのはわかりやすいし無駄がないし合理的。

でも、テレビ局としてそれでいいんだろうか。そんな疑問はぬぐえない。

我々はテレビ文化を作る者として、こんなときでもドラマ作りは続けます。

こう言うと非常にスッキリする。

「それは理想ですけどね・・・」

言われそうな気がするが、「理想を語らずして文化が作れるか!」と言いたい。

理想に近づけるために人は努力を惜しまないのであって、理想を持たずに現実をなぞるだけなら誰も努力なんぞしなくなり、動かないのに疲弊ばかりが心にたまることになる。

非常にあいまいな「文化」という言葉を声高に言う人間がめっきりいなくなったような気がする。

「いやいや!言っていかないと!」と思う。

よし、また明日。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
気概が素敵ですよね、彼らは
3時間showでも同じようなことを言ってましたけど
繰り返し触れることで、
彼は本物にしていきたいんだろうな、
という思いが伝わってきます
2009/09/08(火) 23:50:42 | URL | ふしゃ [編集]
> ふしゃさん

確かに他のメディアでもことあるごとに同じような
こと言ってましたね~。毎度頷いておりましたです。

でもその理想の実現に向けて実際に行動しようとして
いたとは気付きませんでした。正直に言えば、藤やん
の理想の実現は困難だと思っていたから。
まさか実際に行動していて、しかもそれが今回の
ドラマだったとは!

もう(ようやく?)見る目が変わっちゃいました。
理想が現実になるまで応援し続けたいです!

こうなっちゃうと新作は息抜き扱いですよ(笑)
2009/09/09(水) 00:57:33 | URL | tompson [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。