水曜どうでしょうとCUEにドップリ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビストロ大泉 再現
『炎の料理人』大泉シェフの味を再現したい。

味の再現と言えばどうでしょう祭で販売されていた「ハリバットとアスパラのスパゲティ白ワイン風」がオフィシャルですが、あちらは一流のシェフが味を調えた作品。実際美味しかったし、更に同梱のレシピを元に再現した料理もとても美味しかったわけです。

でも今回は大泉シェフ完全オリジナルの味を再現したい。まずは過去の企画の中から挑戦できそうなレシピを探すために、下記のような条件を目安にしてみました。

1. 食べられる(完食できる程度の味)
2. 調理に何時間もかからない
3. フランベはしない(火事になったら大変)

番組に通じた藩士なら「そんな条件に見合う料理なんか一品もない!」と思うかもしれません。確かにどれもビストロ大泉に欠かせない要素ばかり。

そこでフランベはしているものの、番組内で調理過程がわかって食材も調達できる、実現できそうな一品を見つけました。しかも皆から美味いと評価され、その有り得ない材料と調理過程から「奇跡の料理人」と呼ばれた幻の一品。そんなんあったんですね。

それはユーコンでおみまいされた「チャーハン」でした。食材を見た限り「それ絶対チャーハンじゃないよね?」て感じでしたが、これが奇跡的に美味しいらしい。そこで同じ食品を通販で取り寄せ、同じ調理方法でつくってみました。

以下、『ユーコン 160キロ』ネタバレ
≪ 材料 ≫
P6250008.jpg・バター
・ブロッコリー
・ご飯
・『茶わんで丼ドン』 マーボー丼
・『茶わんで丼ドン』 牛丼
・『茶わんで丼ドン』 カツ丼
・レモン汁



≪ 作り方 ≫
P6250009.jpg
1. バター 投入


P6250010.jpg
2. ブロッコリー 投入


※ウォッカでフランベ!は危険なので省略。
(番組では『火力第一位堂々獲得』)



P6250012.jpg
5. ご飯 投入


P6250014.jpg
6. マーボー丼 投入


P6250016.jpg
7. 牛丼 投入


P6250018.jpg
8. カツ丼 投入


P6250020.jpg
9. レモン汁 ダメ押し


P6250022.jpg
完成!


実は調理8の段階で若干諦めてたんですが・・・これが何故だか意外と美味い。食材を考えればまさに「奇跡的」。想像していたジャンクな味ではなくて、どこかすき焼きを彷彿とさせます。バターとレモンも◎。正直「何度も食べたい!」とは思いませんが、これは一見(一食)の価値ありですよ!

フリーズドライの水分量を減らしたりご飯を多めにする等で更なる味の向上が期待できそうです。気が向いたら再挑戦します!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。