水曜どうでしょうとCUEにドップリ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴井貴之監督トーク&握手会レポート
行ってきました。鈴井貴之監督のトーク&握手会。

こういうのってどこまで詳細に書いていいもんだか全くわからないので、記憶の限り書き記します。ちょっと書き過ぎなぐらいに。でもあくまで私の記憶なので、実際の監督の言葉とは微妙に異なる部分があるかもしれません。ニュアンスだけ読み取っていただけると幸いです。

・韓国での撮影同行について
・ウラジオストックでの撮影同行について
・上海国際映画祭について
・東京国際映画祭について
・日本でのこれからの活動について
・COMPOSERについて
・会場からの質問にミスターが答える
・オマケ(ミスターとの会話)

会場は狭いライブスペースになっていて、ミスターとの距離は最後列でも10mぐらいでしょうか。200人ほどのファンは当然ほとんどが女性でしたが、男性もチラホラ。50人ぐらいが席に着いていて、残りはみな立ち見。大半が10~30代で、みな同じようにニコニコ顔。

会場入りしてほどなくすると、鈴井貴之監督登場!



レポートは以下に続きます(長文)
後ろ髪が内側にカールするほど伸びていて、終始照れ笑いと、時折エヘヘと笑う鈴井監督。・・・いやもう面倒だから「ミスター」で。

(会場を見渡して)「きっとDVD2枚目って人もいるんでしょう?」
「ローソンで買って、このためにもって、ねぇ?」(会場の一部が反応)
「大丈夫です!4、5年後にはヤフオクで高く売れるはずですから!」(会場爆笑)
「それまでに価値上げときますから!」(歓声&拍手)

その後も終始笑顔&エヘヘ笑いのミスター。会話の途中途中でちゃんと会場に話しかけたり見渡したり。

【韓国での撮影同行について】
「ずっとキムチ喰ってました。」
ずっと韓国にいたわけでもなかった。
撮影で各地を回っても、ケータリングチームは韓国人だから「どこ行ってもキムチ喰ってた。」


【ウラジオストックでの撮影同行について】
「ヒドイ!寒くて!」「6月にダウンジャケットなんて北海道でも着ないよ!」
マフィアのパーティがあって部屋から出られない日もあった。
パトカーの中からマフィアのパーティ参加者が出てきて「この国はやばいと思った。」


【上海国際映画祭について】
「あの上海映画祭ね・・・」(苦笑い) (※その後『ライトオフ事件』について説明)
映画祭なんて滅多に無いと思って娘を連れていったのに。(手で顔を覆う/苦笑い)


【東京国際映画祭について】
東京は楽しかった。大泉くんがはしゃいでた。赤絨毯の先頭にはビビッた。
「ばか藩士たちのお陰で」(会場を見渡して笑いかける)関東勢が見に来てくれた。
『ミスター!』て声に取材陣がキョロキョロしてた。


【日本でのこれからの活動について】
映画はしばらく撮らない。今後の作品には自分は出ない。
7、8本目になったらジャッキーやるかも。全部自分で。ある意味で夢。NG集もやる。
今は立て続けに小説を2、3本書いてる。そろそろみなさんにもお見せできるはず。
「ちゃんと仕事してんですよ!」ニックネームとして『社長』って呼ばれてるけど。
日本の映画は脚本ありき。オリジナル脚本なんて認めてもらえない。
自分で脚本を書いて、本が売れたら映画にする。売れなかったら違うの出す。
韓国の撮影スタイルは日本では今はできない。数年したらやりたいことができるようになると思う。


【COMPOSERについて】
バッハで出て『あ、あなたは?』「バッハです。バッハハ~イ♪」てやりたかった。
安田だけは理解してくれた。『はい。バッハですね。“あなたは?” でいいですか?』
NACSが日比谷(クローズド)を恐れていた。僕がバッハとして画面に映り込むんじゃないかと。
COMPOSERは何度も見てるから、やろうと思えばうまく劇に入り込める。
「そこまでしないよ~!」いちおう社長だよ?



【会場からの質問にミスターが答える】
※この項目のみ銀ゼルのネタバレあり※


『犯人の似顔絵が栃木県警から送られてくるシーン→なぜ栃木?』
「深い意味は無いです。」
「いま普通に答えちゃった!ちくしょー・・・ひねらずに普通に答えた!」(照れ笑い)

『バナナを暖めるシーンで、カット毎に袋に入ってたり出てたり→なにか深い意味が?』
光の具合で袋が邪魔してバナナが見えなかった。
映画では『割り切り』といってよくあること。現実ではありえなくても、メッセージとして撮る場合がある。
銀ゼルでは他にもよくやってる。「探してみてください。」(ニッコリ)
「でも気になるなら言って?やめるから。」(会場爆笑)
「それが気になってその後が集中できなかったら・・・ねぇ?」
「だってほら、そんなのは制作者の奢りじゃん?」
・(ビックリして)「いま『じゃん』って言った!・・・渋谷だからっ!!」(口を押さえる)(会場爆笑)

『配役の名前に何か意味はあるの?』
意味は無いけど、できるだけよくある名前を心がけている。
名前は後からついてくるもの。『モー娘。』しかり。
自分で調べたら『鈴井』は全国で800位ぐらいで残念だった。
でも『音尾』が2万何位だったのが悔しかった。

『金髪の登場人物(鈴井さん)の設定が19歳→無理があるのでは?』
・(質問を聞きながら照れ笑い/顔を隠してうつむく。)
「・・・批判ですかぁ?」(会場爆笑)
彼は他にもカットされたシーンがあった。セリフもあった。
あのシーンだけを残したのは「まぁ・・・せっかくだから」(会場爆笑)


【オマケ】ミスターとの会話 (S・・・鈴井監督 T・・・tompson)
S「どうもありがとうございます。」(笑顔&両手で握手)
T「あの、男のファンにも名前を付けてください。」
S「名前?」
T「はい。」
S「あぁ、子トラとか?」
T「はい。お願いします!」


ペコペコしながらフェードアウトしていく私を「あぁ」と頷きながら笑顔で見送るミスター。

本当は「いつか男のファンにも子トラみたいな面白いネーミング付けてください」と言いたかったのに、「今ここで名付けて」とお願いしながら逃げていく滑稽な人に見えたかもしれません。壇上に上がっての握手にテンパッて、更に後列が気になったので言い逃げしてきました。


以上、長い上に読みづらくてまとまってなくてスミマセン。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。