水曜どうでしょうとCUEにドップリ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「水曜どうでしょう」のしくみ
結局、どうして面白いのか ──「水曜どうでしょう」のしくみ

副音声でも度々言っていたあのインタビュー結果が、遂に発売されるんですね! これは大変興味があります!!


本日の日記(2012年8月30日(木)

これは、ご自身も水曜どうでしょうのヘビービューアーである佐々木先生が、2009年から、ぼくと藤村くんに対して行ったロングインタビューをもとに、二年以上の歳月をかけて書き上げられたもので、

制作者サイドであるぼくら二人の自覚、無自覚、意識、無意識の領域にまで分け入って、結局、なりゆきと、ぐだぐださで展開しているだけと思わせがちな水曜どうでしょうという番組の中に、実は、結果的にどういった仕掛けが施されてれてしまっているのか。

もう何度も見て、熟知していいるシーンなのに、何度見返しても面白いと思えてしまうのは何故なのか、その理由の底には、いったいなにが横たわっているのか。

水曜どうでしょうという番組に、無自覚に近い形で隠されていた、面白さの仕組み。そこを解き明かしてみようという熱意ある試みの本なのであります。

もちろん番組裏話的な本ではありません。ですから読破するにもある種の好奇心と熱意と根性がいりますが、でも、そこを押して渡ると、渡った先の最後に、なぜか、じーんとしてしまう、作り手のぼくらすら気づいていなかったことに気づかせてくれる、そんな興味深い本になっているのであります。

我と思わん、水曜どうでしょうヘビービューアーの猛者のみなさんには、ぜひ、一番槍で読み進んでいって欲しい一冊なのであります。


ということなので、早速予約してみました。2012/09/13発売だそうです。絶賛予約受付中!


結局、どうして面白いのか ──「水曜どうでしょう」のしくみ結局、どうして面白いのか ──「水曜どうでしょう」のしくみ
(2012/09/13)
佐々木玲仁

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
幸せハッピー ロケ地
いよいよドラマのサイトも立ち上がり、撮影日記を楽しめるようになりましたねー。写真も多少公開されるようですので、わかる反映で撮影場所を調べ、遠い北の大地に思いを馳せるという、穿った楽しみ方をしてみました。


撮影日記(藤村監督本日もふんばる! 2012年8月9日(木))

今年のドラマの舞台は札幌です。富良野でもない美瑛の丘でもない街の真ん中、札幌駅に隣接するような賑やかな場所です。でも、そんな場所のすぐ隣にひっそりとした谷間の町があったのです。



blog-photo-1344479158 62-08/9の撮影日記で紹介されている写真は、札幌市北4条東のガーデンプラザ屋上で撮影されたようです。(中央左に見えるのはサッポロファクトリー・アトリウム)


大きな地図で見る




wrapper_blog.pngちなみに撮影日記の背景画像に指定されているのは、室蘭市の白鳥大橋ですね。(お二人の後ろに見えるのは陣屋側電気室)



大きな地図で見る



※当然ですが、撮影現場に遭遇しても、邪魔は厳禁ですよー。念のため。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。