水曜どうでしょうとCUEにドップリ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーティスト応援企画
20100130.jpg今度の『アーティスト応援企画』は思ったより本格的なようす。しばらく要チェックですね!

http://ufuouen.jp/index.html


本日の日記 1月22日(金)

私は茶碗を買うときに、「その茶碗にお金を払う」というより、自分が気に入ったこの茶碗を作ってくれた「その陶芸家の人にお金を払う」という考え方をします。「これはいい茶碗だ、私は気に入りました、どうかこれからも作り続けてください」という気持ちでお金を払う。人間国宝級ならまだしも、ほとんどの若い陶芸家なんて経済的にたいへんだ。でもなんとか作り続けてほしい。そう考えれば気に入った茶碗に2千円は払える。

茶碗に限らずあちこちのアートマーケットなんかに行って、気に入った絵や手作りのアクセサリーをちょこちょこと買っております。「自分はあなたの作品が気に入りました、これからもがんばって下さい」。

何年か前から、ずっと考えておりました。

絵を書いたり、なにか造形物を作ったり、そういう才能ある人たちになんかできないものかと。

昔は優れた芸術家にはパトロンなんていう貴族の存在があって、文化を作り上げていた。でも今はそんな貴族はいない、余裕のある企業も人も少ない、だったら・・・というほどの金はこっちにも当然ないけれど、少しぐらいなんとかできないものかと。そうしないと文化なんて育たないぞと。

それで、細々ながら始めることにいたしました。

アーティスト応援プログラムなんていう、ありがちな仮の名前でありますが、まぁ、「あなたの作品が気に入りました」というクリエイターの人と一緒になんか作って、気に入ってくれる人に買ってもらおうと。それでクリエイターの人が今後も作品を作り続けていけるぐらいの後押しになればいいと。


ミエルヒの時にも言っていた ”文化を育てる” 大切さにはとても共感します。東京勢にとっては応援=グッズ購入しかできないのかもしれませんが、せめてサイトはチェックしたいと思いますー。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。